--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.18
Sun
IMGP6555_20121118222037.jpg

※追記はネタバレを含みます。













考察とかそんなものではないのです。
Qを見た後、やはり痛いカヲル信者な私でした笑










大好きな渚カヲルに再び出会いました。





渚カヲルを輪廻とするならば

1996年3月13日から碇シンジという人物に繰り返し出会っています。



どのカヲルもシンジに興味を抱き、歩み寄ろうとします。


そしてカヲルはシンジを想って死んでいくのです。


今回渚カヲルと碇シンジの出会いは



どんなシンジも受け入れよう。
シンジの絶望、罪から救おうとするカヲル。
希望を与えたかったカヲル。


今度こそ君だけは幸せに・・・・

14年間の眠りから目覚め、自分の知らない世界が広がる。
周りからの冷たい目。
綾波を救うことすらできていなかった世界。
絶望するシンジ。

この世界を変えることができるのならば・・・・


すれ違ったのは
カヲルの想い、シンジの想い





そして彼の想いは叶うことなく
再びシンジを想い死んでいくのです。



ふたりで歩むことができないってきっとカヲルは知っている。
それを受け入れ彼の希望のために生きて




彼の望みのために死んでいく。


希望は与えられなかったかもしれない。


シンジには伝わってなかったかもしれない。



でもそんな渚カヲルが私は好きです。



また再び2人が会えると信じて・・・



まだ頭がぐちゃぐちゃで整理ができていませんが・・・


YOU CAN NOT REDO.
あなたはやり直すことができない.


そんな世界で出会ってしまった2人だけど




カヲルとシンジは初めて対等な友達で出会えたのだと思います。



今まで対の存在であった2人
対等で会話をして、2人の意思で生きた数日間


繰り返される世界での2人の出会いと別れは決して無駄な再開ではなく、今までの繰り返しではないと思えました。







trackback 0
トラックバックURL
http://yuuuuuki04.blog.fc2.com/tb.php/59-be0eb3aa
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。